コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

天命という落とし穴

特許を取得した技術屋の零細企業の社長さんが、よく陥りやすいものなのですが、自分が開発した技術を商品として広めることを、「天命」と強引に結び付けてしまうものがあります。

多くの人を幸せにするこの技術は「天命」
「天命」なんだから必ず売れる。
「天命」なんだから必ず協力者が現れる。
「天命」なんだからロングヒット間違いなし。

でも「天命」が必ずしも、ヒットや経済的恩恵を受けられるというものではありませんよね。
何か新しい技術やアイデアができて、それを「天命」と勝手に自認するのはいいですが、それを天が幸運として後押ししてくれると期待するのは、天にとっていい迷惑です。

実は天とは、非情にも冷酷で機械的です。技術開発そのものは天命だったかもしれませんが、その技術が普及するのは20年後でもいいわけです。その技術でみんなが幸せになることを、歴史が望んでいないのかもしれませんし、無料で特許公開することを天が望んでいるのかもしれないのです。

また天は『個』の一時的な繁栄には興味がなく、『種』の繁栄・発展だけに興味があります。
コンビニ業界全体『種』は発展しても、コンビニ経営者の個人事業主『個』は開店⇒廃業⇒別オーナーで新規開店を繰り返して、『個』はいいように時代に利用されています。IT業界『種』は発展していますが、中小IT企業やSE個人事業主『個』はスクラップ&ビルドで、やはり時代に利用されて使い捨てにされています。

新しいアイデアを本で発表しても、その本はベストセラーにはならずに、半年後には同じ様な内容の本が何冊も出版されてしまいます。最初にアイデアを考え出した『個』は多額の印税という恩恵は受けられずに、マネしたアイデアの後発本が徐々に売れていき、『種』が発展していくのです。

今川・織田・明智・豊臣・石田といった『個』の野望やビジョンは、天にとってはどうでもよく、天下泰平の世『種』にだけ天は興味があったのです。そこに倫理・道徳は介入できません。というよりも、倫理・道徳は人間が勝手に決めたルールで、天にとってはどうでもいいことなのです。石田三成と徳川家康とでは、道義的には石田側に分がありましたが、天は徳川側に味方しました。

このような天の法則を理解してくると、天にいいように利用されなくなってきて、一番損な役割だけをしないで済むようになってきます。
スポンサーサイト

テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー

商売敵は、みな魔界の住人?

『あの人は魔界とつながっています。かかわらないように』
『あの人は魔界からバックアップを受けています』
『あの人は魔界と霊道がつながっています』

いやぁ~、顧客が少ないサイキックや、何でもかんでもオーリングテストなどの筋反射で答えを断定してしまうヒーラーたちは、どうしてこうも自分の商売の邪魔となる存在を、魔界の住人に仕立て上げてしまうのでしょうか(笑)。

本当に多いです。お互いに「魔界の住人」呼ばわりしているサイキック同士が。。。。
自分に懇意にしてくれた顧客が、ちょっとでも別のサイキックやヒーラーに浮気しようものなら、その人たちはすべて魔界の住人にしてしまいます。でもこういうサイキックやヒーラーのほとんどが、自分の潜在意識と対話しているに過ぎません。要するに自分が望んでいる答えを、自分で引き出しているのです。

神様だか天使だか宇宙人だか知りませんが、対話の相手は、自分の深層意識が作り出した別人格でしかないのがほとんどです。みなさんも夢の中で、知人と対話をしたことがありますよね。でもその知人は、生霊でしたか?(大笑)。違いますよね。みなさんもわかっているはずです。自分の脳内で作り出した、知人という名の別人格と話をしていたということを。

でもサイキックは反論します。「自分は本物の神様と話をしていた」と。でもそのサイキックの神様は、そのサイキックが知っている範囲内の答えしか出せません。ちょっと突っ込んだ政治・経済の話や、外国の都市名が混ざった質問を投げかけてやれば、もうお手上げです。「そのような事は、今のあなたに重要ではありません」だとか「そのような質問は意味がありません」だとか言って誤魔化しちゃいます。それとは逆に、オカルティックな質問を投げかけますと、自分が得意なスピリチュアルな用語をバンバンと出して、急に饒舌になり、いつまでも喋り続けちゃいます。

また「見える、聞こえる」が不得意なヒーラーさんたちは、左手の指で輪っかを作り、一人オーリングテストで中途半端なチャネリングを始めちゃいます。(肩や1本の指をピクリと動かす筋反射や、ジェネティクスカイロの亜流で、手の平をクルクル回転させ、摩擦力でやる筋反射もあり、まあ多様です。でも大体は、はずれます。)

ヒーラー 「~~という人は魔界と繋がっていますか?」
ヒーラーの指 「YES」
ヒーラー 「~~という人のヒーリング能力は魔界の力ですか?」
ヒーラーの指 「YES」
ヒーラー 「~~さんからヒーリングを受けて病気が治った場合、その見返りに一年後に失業しますか?」
ヒーラーの指 「YES」

まあこんな感じでしょうか。えっ?みんなも、こんなこと言われた経験ある?(笑)

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー

まずは気学の吉方位旅行を実行してみましょう。

一時的な金運や恋愛運、結婚運をお望みならば、わざわざ出生ホロスコープを変換する必要はありません。気学の吉方位旅行で十分です。賃貸住宅にお住みならば、吉方位への引っ越しもいいでしょう。急速で単発的な目的事象の出現には、奇門遁甲の方が強力ですが、いろいろ制約があり面倒です。

僕自身の経験では、気学では数十万円単位、奇門遁甲では○千万単位のお金が動きましたが、やはりある目的分野の運気のエネルギーの動きと制約に限界を感じ、出生ホロスコープ変換の開発に着手しました。何度かホロスコープ変換を実行し、現在はアストロカート(アストロ風水)の天王星・木星・太陽ラインが、自分の居住しているすぐそばを通り、かつ「仕事の方向性を大幅変更できるアイデアが浮かぶ」ようなホロスコープ設計にしてあります。目的を達成したら、また違った目的のために変換することでしょう。

ただ早く結婚して、今の仕事をとっとと辞めて、お気楽な専業主婦になりたいといった、単発的な目標を達成するだけであれば、気学で十分だと思います。しかし元々出生ホロスコープの金星・火星・太陽の配置や、第5ハウスや第7ハウスに制約のある惑星が配置されているために、いつも結婚まで至らない男性としか交際できない場合には、ホロスコープ変換を試みるのもいいかもしれません。

テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー

「私がいないと困るでしょ」作戦の落とし穴

吉日【財帛獲得日】投稿

以前、友人の病院に、こんな女性の患者さんがいたそうです。。夫と喧嘩して子供を連れて実家に帰ってしまったのですが、保険証は自分と子供の両方とも、夫の会社の扶養家族保険証の資格のままです。妻が長期で実家に帰ってしまって、食事の仕度や洗濯は、夫が自分でしなくてはならないので、「私がいないと困るでしょう?」作戦に出たわけです。ところがどっこい、食事は外食やコンビニという便利なものが溢れてますし、洗濯なんぞは全自動洗濯機や乾燥機にやって頂けます。洗濯物を干したり、取りこんで畳むくらい、苦労でも何でもありません。

それどころか夫は妻に復讐すべく、「俺がいないと困るだろう」作戦に打って出ました。何と妻と子供の扶養をはずし、妻が持って行った「家族健康保険証」の資格を喪失させてしまったのです。子供が他の病院にかかっていて、その病院から資格喪失の事実を知らされたらしいのですが、友人の病院では、その方に全額自費で払って頂いたそうです。その方は結局、夫に頼んで元の健康保険の資格喪失証明書を発行してもらい、それを役所に持参して国保に入るか、夫に謝って元の扶養家族に戻るかしか選択の余地はなくなりました。そして最後には、夫に謝って元の鞘におさまったそうです。元々専業主婦ではどの道、貯金が底をついてしまうでしょうし、働こうにも子供が小さければフルタイム勤務は不可能です。この方は要するに、自分が出ていくことで自分の価値を夫に知らしめようと画策したのでしょうが、結局、自分の価値がどの程度か、自分自身ではっきりとわかってしまったのでした。

会社などでも、このような勘違い社員が「私がいないと困るでしょう」作戦を実行することがあります。長期欠勤や無断欠勤、自分がいないと物の置き場所がわからないような状態にして欠勤する・・・などです。作戦を実行している本人にとっては、自分を正当評価してくれない上司に対して、「私が悪かった。君がいないと困る」と言ってくれるのを妄想しているのでしょうが、99%結末は「嫌なら、さっさと辞めてもらって構わないよ。君の替わりはいくらでもいるから」と宣告されることになります。

もしあなたが衝動的に「私がいないと困るでしょ」作戦を思いついたのなら、実行をためらって中止して下さい。その思いつきは、あなたの運気や潜在意識が、あなたを不幸に陥れる様に仕組んだ、罠のアイデアでしかありません。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

派遣から正社員に抜擢される人

当方の患者さんで、派遣会社の保険証から、派遣先の会社の保険証に変わる人が時々います。つまり派遣から正社員に抜擢されたということです。その場合、単なる私の好奇心で「よく派遣から正社員になれましたねぇ~」と質問します。職権乱用です(笑)。でもその質問に、みなさん嬉しそうに答えてくれます。そこで派遣から正社員になれた人たちの、戦略的共通項を発見しました。

【派遣社員から、派遣先の会社の正社員に抜擢される人】

●派遣社員でいる間は、有給休暇は一切取らない。自己都合による遅刻・早退は一切しない。
(「子供が熱を出した」「風邪をひいた」という理由は最悪。どんなに仕事ができる人でも、当日の仕事に穴を空け、他の社員にその分の負担増となる事を、一回でもやったら、まず正社員に抜擢されることはない。)

●自分が休みの日の当日、会社から急に「今日、悪いんだけど仕事に出てくれない?」という依頼が来た時には、1回も断らずに、すべて応じる。当日、友人と遊ぶ約束や、病院の予約があった場合でも、それを理由に断らずに、自分の約束の方をキャンセルする。自分の約束のキャンセルを会社に報告して、恩を売っておく。そういった会社側の無理なお願いに、何度も応じて実績を作っておく。

●出勤のシフトを組む時、一番忙しくなりそうな日を選んで出勤日にし、ヒマになりそうな日を休みの日に選んでおく。正社員が「この日、悪いんだけど出勤してくれない?」と頼まれたら、ふてくされたり、考えたりせずに、即答で気持ちよく「いいですよ~」と答える。


これらの戦略は、まず普通の考え方の人には、まず実行不可能ですよねぇ。「損して得取れ」と言いますが、損しただけで契約期間が切れて、はいサヨナラとなる可能性だってあるわけですし。でも派遣先の社長は、正社員の人たちに「あの派遣社員はどう?」って頻繁に聞きますから、その時に「あの人を正社員にしてくださいよぉ」と何人もの正社員に言われたら、たとえコストアップになったとしても、正社員への抜擢を考えますよ。

正社員がなぜ「あの人を正社員にしてくださいよぉ」と言うのか、理由は簡単ですよね。「あの人」がいると、好きな時に自分が休めるからです。それに「あの人」がいると、忙しい時に自分の苦労の負担が軽減されますから。単なる個人的な好き嫌い、いい人かどうかというだけでは、社長へのプッシュに説得力がないのです。同一賃金なら少しでも楽をしようという行動を取る人は、第3者から見れば「コイツいらねぇよ」という対象でしかないのです。

みんなタナボタ式の運ばかり望んでいますが、本当の運をつかめる人は陰で地道な努力を続けているものなのです。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ドクターしんちゃん

Author:ドクターしんちゃん
『深層意識にある自分の誕生日設定とそれに誘導される運命は変えられます』
関東某所で開業医をしています。紹介者限定の「出生ホロスコープ変換セラピー」を当クリニックで実施しています。新しい出生ホロスコープの設定時間は、24時間対応可能です。健康保険は効きませんので、ご了承下さい。また料金はご紹介者様にお尋ね下さい。設定日10日前までの、予約が必要となります。なお2011年2月1日以降の予約分から、予約金は不要となりました。料金は当日、受診前に全額現金でお支払い下さい。なお現在のところセラピーは完全紹介制ですが、将来は何度でも自分でホロスコープ変換ができるように、セミナー形式でセルフセラピー講習会を実施する予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。